ここから本文です

米ディズニーの試写ボイコットへ…ジャーナリストたちが表明

11/7(火) 22:58配信

シネマトゥデイ

 米ディズニーに対して、一部のジャーナリストたちがボイコットを始めた。ロサンゼルス・タイムズ紙に批判的な記事を書かれたディズニーが、同紙に試写への参加などを禁じたことから、それに反発した記者たちが同スタジオの試写に参加しない考えを表明している。

LAタイムズ紙がレビューできなかった『マイティ・ソー バトルロイヤル』【写真】

 事の発端は、ロサンゼルス・タイムズ紙がディズニーの経営に関して批判的な報道をしたことで、ディズニーは同紙をつまはじきにすることに。The Guardian によれば、ディズニーは同紙に、試写会への参加やタレントたちへの取材を禁止したという。ディズニー傘下のマーベル・スタジオが手掛けた新作映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のレビューが掲載されなかったことについてロサンゼルス・タイムズ紙が説明し、この事態が明るみに出たという。

 それには一部のジャーナリストたちが反発。現地時間6日、ワシントン・ポスト紙で映画やポップカルチャーについての記事を寄稿しているアリッサ・ローゼンバーグ氏が、ディズニーの試写会には参加しない意思を表明したことを皮切りに、それに追随する記者たちが現れている。ローゼンバーグ氏は「ディズニーがロサンゼルス・タイムズ紙の批評家を試写会から締め出している限り、私は良心に従い、試写会に出席したり、事前のレビューを書いたりすることはできません」と主張した。

 ポップカルチャーなどを取り上げる The A.V. Club やFlavorwireがボイコットを表明しているほか、CNNのニュースアンカー、ジェイク・タッパー氏はTwitterで「ディズニーへのボイコットに敬意を示して、ロサンゼルス・タイムズ紙の定期購読をすることにしたんだ。ジャーナリズムに従事しているってことさ。一緒に参加しませんか!」と呼びかけ、別の形でロサンゼルス・タイムズ紙を擁護している。(編集部・石神恵美子)

最終更新:11/8(水) 0:40
シネマトゥデイ