ここから本文です

再開後初の修学旅行生に新たな学習プログラム

11/8(水) 23:00配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震で激減した修学旅行生を呼び戻そうと新たに地震を教訓にした学習プログラムができました。
阿蘇火山博物館にやってきたのは東京の高校生およそ140人。10月1日に博物館が復旧再開してはじめて迎える修学旅行生です。生徒達を前に学芸員や地元ガイドが熊本地震で受けた被害や阿蘇の自然がもたらす恩恵や地域文化などを映像などを使って説明しました。これは新たに県と阿蘇市が作った学習プログラムで、「火山と共存する阿蘇人から学ぶ防災」学芸員からは「自分の住んでいる地域ではどんな自然災害が起こりうるのか勉強してみてください」と宿題が出されていました。
「宿題を出されたので頑張って(防災のことを)調べたいと思います。」「(災害は)怖いという印象だけじゃなくてその後に生まれる景色など自然の恩恵も見ていかないとだめだと思いました」(修学旅行生)
阿蘇市を訪れる修学旅行生の数はいまだ震災前の5分の1程度にとどまっているため観光関係者もこのプログラムに期待をよせています。

RKK熊本放送

最終更新:11/8(水) 23:04
RKK熊本放送