ここから本文です

外注デザイナー、「無断で改ざん」と包装フィルム会社を提訴 千葉地裁

11/8(水) 10:30配信

千葉日報オンライン

菓子パンや和菓子などの包装フィルムのデザインで、著作権者になりすまし無断でデザインを改ざんされたなどとして、千葉県浦安市のデザイナー、峯崎祐子さん(51)が7日、包装フィルム会社(船橋市)を相手取り、デザインを使用した全商品の撤去とデザインした計1149点について総額約1億4800万円の損害賠償などを求める訴えを、千葉地裁に起こした。

 訴状などによると、峯崎さんは第41回現展デザイン部門の新人賞を当時最年少で受賞し、菓子の「地域限定ばかうけ」(栗山米菓)や「苺大福」(山崎製パン)などの包装フィルムをデザイン。包装フィルム会社は大手食品メーカーから包装フィルムの製造委託を受け、デザイン会社にデザインを発注し、峯崎さんはデザイン会社の専属外注デザイナーとして、デザイン会社からの発注を受けデザインを制作していた。

 2008年ごろ、包装フィルム会社からデザイン会社への発注量が減少。デザイン会社は11年に峯崎さんとの専属契約を解消し、包装フィルム会社はその後、峯崎さんを引き続き外注デザイナーとして、商品のデザインを依頼していたが、デザインの修正や変更、展開の依頼が来なくなり仕事が減少。峯崎さんが調べてみると、峯崎さんのデザインを無断で改変・改ざんして印刷された商品の画像を見つけたという。

 峯崎さんは「デザインはデザイナーにとって子どもと同じ。下請法で定める契約書は作成しておらず、著作権を譲渡する旨の合意もない」と主張している。

 包装フィルム会社は「担当者が不在でコメントできない」としている。