ここから本文です

阪神・金本監督 高山に“マギー超え”指令

11/9(木) 11:01配信

東スポWeb

 阪神・金本知憲監督(49)が秋季キャンプ第2クール2日目の8日、“2年目のジンクス”に泣いた昨年の新人王・高山俊外野手(24)にゲキを飛ばした。

「二塁打の多い打者になってほしい。右中間、左中間とまずは広角に打てるように。今年のマギーを超える? そうやね。(広い)甲子園でホームランは10本くらいでも、二塁打がもっと出ればいい」。巨人のマギーが今季マークしたシーズン48二塁打のリーグ記録の更新を求めた。

 今季は二軍落ちも経験するなど打率2割5分、6本塁打、24打点の成績に終わった高山だが、指揮官は「もともと打撃センスはオレよりも余裕で上。体力、瞬発力もある」と能力は認めている。

 この日は指揮官が心酔するスポーツ整体師の広戸聡一氏から「4スタンス理論」に基づく打撃指導などを、ソフトバンクの柳田、内川を例に挙げてレクチャーされた高山。「二塁打? 頑張ります」と意気込んだ。

最終更新:11/9(木) 11:05
東スポWeb