ここから本文です

青学ミスコンで何が起こったのか 「可愛すぎる」女子学生を見舞った「疑惑」

11/9(木) 20:24配信

J-CASTニュース

 青山学院大学の「ミス青山コンテスト2017」で準グランプリに輝いた井口(いのくち)綾子さん(20)に、ツイッター上での「自作自演疑惑」が浮上している。

 他人名義のアカウントを用いて、自らの容姿を「絶賛」したり、ミスコン運営を批判したりするツイートを投稿していたのではないか――。こうした書き込みが、インターネット上に相次いでいるのだ。

 井口さん本人やミスコン運営側は、アカウントの「不正ログイン」が行われた可能性があるなどとして、自演疑惑を否定しているが......。

■「自演疑惑」の発端は...

 井口さんは今回の青学ミスコンで、ひときわ大きな注目を集めた候補者だった。2017年11月9日夕時点で、ツイッターのフォロワー数は約17万4000人。インターネットテレビ「Abema TV」の番組で学生キャスターを務めるほか、過去には「週刊朝日」の表紙モデルを飾ったこともある。

 さらに今回のミスコン審査中には、ツイッターに投稿された写真が「可愛すぎる!」「奇跡の一枚」などと話題に。この写真については、ウェブメディア「モデルプレス」も7月12日、

  「『ミス青学』ファイナリスト井口綾子が話題 悶絶級『デートなう』ショットが拡散」

と題した記事で紹介したほど。その後、11月5日にミスコンの結果が発表されると、井口さんの「準グランプリ」受賞を伝える複数のニュース記事が配信されていた。

 そんな井口さんに、ツイッター上での「自演疑惑」が浮上した。きっかけは、あるツイッターアカウントが11月7日朝に投稿した一枚の画像だ。このツイートの全文は、

  「井口綾子さんとAさん(編注:原文ではフルネーム。グランプリ受賞者)、いいね、リツイートでわかる、人気の差が歴然。本当に青学ミスコン運営は何を考えてるんだろうか、目腐ってる?」

というもの。要するに、SNS上で人気のある井口さんの方が、「グランプリにふさわしい」と訴える内容の書き込みだ。

 この投稿には、本文で名前が出た2人の「いいね」「リツイート」の差を示すため、それぞれのツイートのキャプチャ画像が掲載されていた。しかし、この画像が発端となり、井口さんの元に厳しい「自演疑惑」の目が向けられることになった。

 井口さんのツイートをキャプチャした画像に、「ツイートアクティビティ」(投稿の分析ツール)の画面を表示するためのボタンが写っていたのだ。これは、投稿者自身のアカウントでログインした状態でしか表示されないものだ。

 そのため、このボタンの存在に気付いたネットユーザーから、

  「井口さんがこのアカウントを使って、ミスコン運営を批判するなどの『自演』を続けていたのではないか」

との疑いの声が7日夜頃から殺到することになったのだ。

1/2ページ

最終更新:11/10(金) 10:14
J-CASTニュース