ここから本文です

クロップが選ぶ「指導したなかで最高の選手」は?ドルトムントの…

2017/11/9(木) 11:36配信

ゲキサカ

 リバプールのユルゲン・クロップ監督がこれまで指導してきた選手のなかでの“最高の選手”を答えた。英『メトロ』が伝えている。

 8日にケープタウンで行われたイベントで「これまで教えてきた選手のなかで誰が最高の選手か」と問われた指揮官は「マリオ・ゲッツェ」と答え、「彼は信じられないような選手だった。最も成長したという意味ではロベルト・レワンドフスキだけどね」と語った。クロップ監督は2009年にゲッツェをドルトムントでデビューさせている。

「ドルトムントの選手の多くとはまだ連絡をとっているよ」と笑顔をみせたクロップ監督は、「私が教えていたときは、彼らもまだ若かった。だから私は彼らにとって父親みたいな存在だったんだ」と振り返る。

「ドルトムントを去ったとき、大事なのは来たときにどう思われるかではなく、去るときにどう思われるかだと感じたよ」

 ゲッツェやレワンドフスキ、MF香川真司らとともに戦ったドルトムントでの日々は、いまだに指揮官のなかで特別なものであるようだ。

最終更新:2017/11/9(木) 14:13
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報