ここから本文です

座間事件、被害者9人の「顔写真」一斉報道 ネットで違和感噴出、弁護士の見解は...

11/10(金) 20:15配信

J-CASTニュース

 神奈川県座間市のアパートで発見された遺体9人の身元がすべて特定され、テレビや新聞が一斉に「顔写真付き」で報じ始めた。同時に、こうした報道にネット上では違和感が出ている。

 被害者の多くは自殺志願者という言葉とともに伝えられてきた。遺体は解体された状態で見つかった。犯罪史上異例のセンシティブな事件という受け止めから、インターネット上では「この上更に晒し者にする意味あるわけ?」といった声が続出している。被害者の顔写真つき報道の現状について、J-CASTニュースは弁護士に見解を聞いた。

■「家族にそっと教えてやるだけじゃあかんのか?」

 警視庁は2017年11月10日未明、DNA型鑑定の結果、8人の身元を特定したと公表。6日に確認されていた女性1人を含め、被害者9人全員の身元が特定された。9人は15~26歳で未成年者が4人いた。

 10日未明から各新聞・テレビでは被害者の名前や居住地、さらに顔写真を報道。全国紙の同日朝刊をみると、朝日は39面(社会面)に載せたが、読売・毎日・産経は1面にカラーで顔写真を掲載した。

 被害者の多くはインターネット上で自殺をほのめかす投稿をしていたとされ、言葉巧みに白石隆浩容疑者に連れ込まれた。遺体はバラバラに解体され、頭部はクーラーボックスから発見された。アパートからはさらにいくつもの骨が発見されている。性的暴行をされた被害者もいたという。

 過去にも犯罪被害者の顔写真つき報道には疑問が出ることがあった。その中でも座間の事件は特に、残虐性や被害者の置かれていた立場などに鑑み、顔写真を含めた報道に「そっとしといてやればいいのにな」といった声がネット掲示板やツイッターに書き込まれている。

  「家族にそっと教えてやるだけじゃあかんのか?」
  「被害者、しかもデリケートな訳あり被害者だから余計酷いわ」
  「これが自殺したかった人達かと思われる訳だし今回顔出さないであげてほしかった」
  「殺されてバラバラにされて首だけになってるって先に散々報道してんのに、この上更に晒し者にする意味あるわけ?」

 タレントのフィフィさんは、最初に被害者1人の身元が特定された6日、ツイッターに

  「座間の件で、特殊な動機で出会ったとか、職業などの情報が先に散々報道された上で、身元が判明したからって亡くなられた被害者の顔写真を公表する報じ方に違和感を持つ。それって報じる使命というより好奇心を刺激した効果を狙ってる様にしか思えない。ここでは報道する自由?プライバシーは守ろうよ」

と投稿していた。

1/2ページ

最終更新:11/10(金) 23:19
J-CASTニュース