ここから本文です

「仕事をしないことを責めた」80歳の父親が54歳の息子を刺す 殺人未遂容疑で逮捕 福岡県

11/11(土) 12:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

11日未明、福岡市博多区で54歳の息子をカッターナイフで切りつけてケガをさせたとして、80歳の父親が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

警察によりますと11日午前2時45分頃、福岡市博多区昭南町のマンションで、80歳の父親が54歳の息子をカッターナイフで切りつけました。

息子は、首の静脈の一部を切られるなど、全治数週間のケガをしましたが、命に別状はないということです。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された父親の松田利也容疑者は「仕事をしていないことを責めた際に口論になり、もみあいの末、刺してしまった」と容疑を認めているということです。

息子は普段別の場所で生活していて事件当時は両親が暮らしているこのマンションに立ち寄っていたということです。

警察は、当時の状況について父親と息子から詳しく話を聞いています。

テレビ西日本

最終更新:11/13(月) 11:53
TNCテレビ西日本