ここから本文です

山城議長、知事を批判 新基地資材海運認可で

11/11(土) 5:00配信

琉球新報

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は10日、県が辺野古新基地の護岸工事で奥港(国頭村)からの石材運搬を認めたことに対し「これまで知事を正面から批判したことはないが、今回の件を受け、覚悟を決めて翁長県政と向き合う必要が出てくる」と翁長雄志知事の姿勢に疑問を呈した。那覇市の八汐荘で開かれた第25回定期総会のあいさつで述べた。
 法律に基づき審査した結果、不許可にできる理由が見つからないと県側が答えたことについて「あらゆる手法で建設を阻止すると知事はこれまで主張してきた。それは一体何だったのか。これでは工事を止めることはできない」と語気を強めた。大会終了後に本紙の取材に答えた。山城議長は、県側の意向を確認するため、近日中に県庁に出向く予定で日程を調整している。
 総会では特別決議として「山城博治議長らの無罪を求める決議」が採択された。来年2月の名護市長選で現職の稲嶺進市長に選挙協力することも決まった。

琉球新報社

最終更新:11/11(土) 5:00
琉球新報