ここから本文です

日本女子17年ぶり表彰台逃す…宮原の5位が最高 フィギュアNHK杯

11/11(土) 20:09配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・NHK杯」(11日、大阪市中央体育館)

 女子フリーが行われ、日本選手は11カ月ぶりの復帰戦となった宮原知子(19)=関大=の5位が最高だった。女子が同大会で表彰台を逃すのは2000年以来17年ぶりとなった。

【写真】メドベージェワ女王の誇り 足にはテーピングも「乗り越えなければいけない」

 グランプリシリーズの1大会に組み込まれている日本開催のNHK杯は、日本選手にとってホームの試合。12年、13年に連覇するなど浅田真央が合計4回優勝。宮原が15年に初優勝を果たすなど、近年を見ても印象深い活躍を見せていた。

 今回は優勝はメドベージェワ(ロシア)で224・39点。2位はコストナー(イタリア)で212・24点。3位はツルスカヤ(ロシア)で210・19点。日本勢では5位の宮原が191・80点。7位の本郷理華が187・83点、8位の白岩優奈が171・94点だった。

最終更新:11/11(土) 20:57
デイリースポーツ