ここから本文です

まるで台風の目・・・低気圧の中心が通過

11/11(土) 17:54配信

ウェザーニュース

ウェザーニュース

 11日(土)急速に発達中の低気圧が北海道の北部を通過しています。

 暴風が吹き荒れ、断続的に活発な雨雲が流れ込む中、午後には北海道北部の稚内で、一時、青空が覗きました。
 
 衛星ひまわり8号からの雲画像を見ると、たしかに低気圧の渦の中心に、台風の目のようにぽっかりと空いた部分があり、北海道北部を通過。

 稚内では11時18分に最大瞬間風速20.3m/sを観測した後、14時には平均2m/sまで落ちました。

◆通過後の強風も注意

 しかし、台風と同様に、中心が過ぎ去った後は吹き返しの激しい風が予想されます。この後は冷たい北風に変わり、夕方からは再び平均風速でも20m/sを超えるような暴風の恐れがあり、外出が危険となりそうです。

 このほか、東北の沿岸で夕方まで、北海道の日本海側で今夜遅くまで、太平洋側で深夜まで、オホーツク海側は夕方から明朝までをピークに、平均風速で20~30m/s、瞬間的には40m/sを超えるような暴風の恐れがあります。雨がやんでも、交通機関への影響に注意し、できれば外出は控えた方が良さそうです。

ウェザーニュース

最終更新:11/11(土) 17:54
ウェザーニュース