ここから本文です

ロシアW杯の公式ボール『テルスター』発表!50年前のモデルを彷彿させる近未来球

11/11(土) 11:55配信

SPORT.es

9日木曜日、アディダスがロシア・ワールドカップ2018の公式ボールを発表し、アディダスが初めてワールドカップのために作ったボールに敬意を払う形となっている。そして、伝統的なモデルが新たなデザインと最新のテクノロジーとともに一新されている。

テルスター18は1970年に行われたワールドカップに加え、ペレ、ゲルト・ミュラー、ジャチント・ファッケッティ、ペドロ・ロシャ、ボビー・ムーアなど伝説的な選手達を思い起こさせてくれる。

オリジナルのテルスターは「テレビジョン・スター」に起因しており、白黒のテレビでも目立つように初めて黒いパネル面が採用され、サッカーボールのデザインを大きく変えている。

それから約50年が経ちテルスター18としてデザインが一新され、最新のテクノロジーとリサイクル可能な素材とともに新たにお披露目された。
また、ボールにはNFCチップが組み込まれており、スマートフォンを使えば様々な情報が見ることができるようになる。チップによりパーソナライズされることで場所が把握され、特定のボールの詳細やスキルチャレンジに参加し、競い合うこともできる。

「オリジナルのテルスターは最も象徴的なボールの一つであり、ボールのデザインを大きく変えた。そのため、オリジナルデザインを残しながらも新たにテルスター18を創造することは刺激的なチャレンジだった。新たなパネルの構造、NFCチップの埋め込み、イノベーションとデザインの進化を高いレベルに引き上げている。また、消費者と選手達に全く新しい体験をもたらすことになる」とアディダス・フットボール・ハードウェア部門ディレクターを務めるローランドは語っている。

SPORT.es

最終更新:11/11(土) 11:55
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合