ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ハリウッド俳優ジョージ・タケイに性的暴行を受けたと男性が告発

2017/11/11(土) 21:06配信

BuzzFeed Japan

ハーヴェイ・ワインスタイン氏や、ケビン・スペイシー氏など、ハリウッドから始まった一連の性的被害の告発。その動きは広がりをみせている。【BuzzFeed Japan】

【写真】「男はレイプされないだろ」性暴力被害に遭った男性たちが言われたこと

日系人俳優のジョージ・タケイ氏から、1981年、性的暴行を受けたと男性が告発した。

告発した男性、スコット・ブラントン氏の証言は以下のようなものである。

*****
ブラントン氏が、タケイ氏に誘われたのは、当時のパートナーと別れて間も無くのことだった。

1981年の夏、タケイ氏(当時44歳)はアメリカのSFドラマシリーズ「スタートレック」のヒカル・スールー役として名が知れていた。2人は友人同士だった。

「つらい別れ方をしてしまって『食事と映画に行って、話を聞こう』と彼に誘われた」と当時23歳だったブラントン氏は言う。「『それがいい』と思った」

その後、ロサンゼルスにあるタケイ氏の自宅に戻り、酒を飲んだ。それまで二人っきりになったことがなかった。タケイ氏がキッチンでカクテルを作り、リビングにいるブラントン氏に持ってきた。タケイ氏が「スタートレック」柄のグラスに入れて出してきたのを見て「少し安っぽい」と思ったのを覚えていたという。

別れ話をしていて「赤裸々に語っていた」とブラントン氏は語る。「彼はとても同情的だった。酒をもう一杯勧められ、『はい』と答えた」

しかし二杯目のカクテルを飲むと、気を失うような気分になった。

「体がが震えていた」。ブラントン氏はBuzzFeed Newsに語った。「少し横になりたい」とタケイ氏にいうと、「こっち来て座って」と言われた。

どのくらい時間が経ったのかは覚えていない。次に覚えているのは、起きるとズボンが足首の周りまで脱がされ、タケイ氏が自分の体に乗り下着を手で押していた。

「彼が私の上にいて、下着の中に手を入れ脱がそうとしていた」

ブラントン氏はタケイ氏を押し退けてなにをしているのか聞いた。タケイ氏は彼に、心地良くしようとしていたと言った。

ブラントン氏はまだ少し気分が良くなかったが、帰らなければいけないとタケイ氏に言った。タケイ氏に運転できるような体調ではないと言われそれに同意はしたが、それでも帰ると言った。

「ズボンを履いて気を取り直したが、起きたことが信じられなかった」とブラントン氏はBuzzFeed Newsに語った。「車まで歩いて席に座り、それで終わった」とも。
*****

上記の証言についてBuzzFeed Newsは、タケイ氏の代理人に何度もコメントを求めたが、渡航中であることを理由に拒否されている。

ブラントン氏の事件について過去に話を聞いたことがあると、彼の友人5名がそれぞれBuzzFeed Newsに語った。

そのうちの1人、ジャン・ステュワード氏はブラントン氏から10年ほど前に食事中にこのことを打ち明けられたことを覚えているとBuzzFeed Newsに話した。

「明らかに彼をとてつもなく苦しめていた」と言った。

1/2ページ

最終更新:2017/11/11(土) 22:14
BuzzFeed Japan