ここから本文です

豪がPNGに設置し物議醸した難民収容施設、PNG当局が破壊

11/11(土) 11:08配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【11月11日 AFP】パプアニューギニア当局は10日、隣国オーストラリア政府が難民や亡命申請者らを一時的に収容するために設置していた施設を破壊し、水源を撤去した。収容者らは、数時間後に退去期限を迎える予定だったという。

 豪人権団体「ゲットアップ!(GetUp!)」が同日撮影した動画には、パプアニューギニアのマヌス(Manus)島に設置されていた同施設の劣悪な環境下で、約600人の男性が生活する様子が捉えられていた。パプアニューギニアの警察と入国管理局職員らが撤去作業を行ったのは、その後だったとされる。

 オーストラリア政府は、船で同国に入ろうとした亡命申請者らを、マヌス島あるいは南太平洋の島国ナウルにあるキャンプに送るという厳格な方針を設けており、同施設に収容されていたのはこの方針にのっとってマヌス島に移送された人々だった。

 しかしパプアニューギニアの最高裁判所がこの難民収容施設を違憲と判断したことを受け、豪政府は先月31日、同施設の閉鎖を発表し、水と電気の供給を断った。

 それでも収容者らは、新設された3か所の臨時センター付近の地元住民から敵意が向けられることを恐れ、悲惨な環境にもかかわらず元の施設からの退去を拒んでいたという。

 国連(UN)の規約人権委員会(CCPR)はこれに先立つ9日、オーストラリアが国外に設置した収容施設の環境や虐待に対する重大な懸念を表明し、同施設への難民の移送を中止するよう求めていた。

 同時に豪政府に対し、同施設の閉鎖によって影響を受ける人々の人権を守るため「必要なあらゆる措置」を取るよう呼び掛けた。

 これら収容施設内の環境については、国連をはじめ、難民の権利擁護団体や医療関係者からも広く非難の声が上がっていた。映像は、空調設備がなくなったため暑さをしのいで屋外で横になる難民らや、キャンプ内の仮設の井戸など。5日、6日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:11/11(土) 11:08
AFPBB News