ここから本文です

バス立てた「モニュメント」でシリアシリア紛争地を再現 ドイツ

11/11(土) 12:06配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【11月11日 AFP】ドイツの首都ベルリンのブランデンブルク門(Brandenburg Gate)前で、シリア北部アレッポ(Aleppo)の反体制派支配地域のバリケードを想起させるインスタレーション作品の展示が行われている。

「モニュメント(Monument)」と題するこの作品は、2015年にアレッポで政府軍の狙撃兵による攻撃を防ぐためにバス3台を逆さまにして縦に並べて設置されたバリケードを再現したもので、シリア出身のアーティスト、マナフ・ハルボウニ(Manaf Halbouni)さんが手掛けた。展示期間は26日まで。(c)AFPBB News

最終更新:11/18(土) 11:18
AFPBB News