ここから本文です

大谷の自己分析「まだまだ不完全な選手」/一問一答

11/11(土) 13:11配信

日刊スポーツ

 日本ハム大谷翔平投手(23)は11日午前11時から、東京・千代田区の日本記者クラブで記者会見を行い「昨日、球団の方にポスティングによるメジャー移籍を自分の口から伝えまして、球団から容認という温かい言葉をいただいたので、改めて来年以降アメリカで頑張りたいと報告させていただきたいと思います。入団してから約5年間ファイターズでお世話になりました。自分が(投打の)2つをやってきたことが球団にとって、日本球界にとって本当にプラスなのかなと思ったこともありましたけど、球団の方々、ファンの皆さん、栗山監督、本当に多くのみなさんに支えられてこの5年間やってこられました。これから先もそういう気持ちをもってやっていくことに変わりはないです。球団の方からは温かい言葉をいた

【写真】栗山監督が大谷に送った手紙

だき、本当にうれしく思いましたし、ファイターズに入って良かったなと思いましたし、それは一生思うんだろうなと思いながら(球団の)話を聞いていました。来年以降も応援していただけたらうれしいですし、皆さんの思いを胸に頑張っていきたい」とあいさつした後、質疑応答に応じた。

 以下、一問一答

 -ケガなどもあったこの1年を振り返って

 大谷 自分の不注意な部分、自己管理のなさもあり、ケガで1年間満足にプレーできなかったのは悔しかった。連覇を目指して頑張っていく中で迷惑をかけた部分がたくさんあった。申し訳なかったと思ってます。

 -メジャーでも二刀流を貫くのか

 大谷 最初は僕と、交渉にあたっていただいたスカウトの方や栗山監督、ごく少数の方たちが思い描いた二刀流でしたが、5年間で本当に多くのファンの方々に応援していただいた。もう自分だけのものではないのかなという部分もある。ただ、そういう環境があるのか分からないですし(米球団の)話を聞いてみたい。そういう環境があるのかないのか分からないので、話を聞いてみないと分からない。ファイターズに入るときもそうでしたけど、やらせていただけるというところがないと挑戦もできない。自分の気持ちだけではどうにもならない。ただ、1つ言えるのは高校を卒業する時には少数の人しか思い描いてなかったですけど、今はファンの方々や栗山監督、コーチの人たちなど、期待してくれている人たちがたくさんいるのを感じている。その人たちの分も頑張っていきたいというのはある。まずは話を聞いていきたい。球団にとって、日本球界にとってプラスになっているのかというのは自問してきた部分。それはこの先も続くと思う。でも2つやってきて良かったと思いますし、見えなかった部分が見えてきたのもあります。

 -チーム選びの基準は?

 大谷 自分としては足りない部分の方が多い選手だと思っている。自分をもっと磨きたい。そういう環境に自分を置きたい。そこに適している球団にぜひ行きたい。

 -今年のケガによる収穫は?

 大谷 良い収穫があった部分もありましたし、ケガをして得た部分、リハビリの過程で得られる部分も多かったですけど。いろんな人に迷惑をかけますし、良い部分がないと思う部分の方が多かったので。今の段階ではケガをして良かったと思えることはなかった。そこは本当に申し訳ない気持ちです。

 -ケガがメジャー移籍の決断に影響を与えたか?

 大谷 ファイターズにお世話になると決めてから、心の片隅にメジャーリーグにいつかいきたいというのはありました。でもそれを明確に考える余裕は1年、1年なかった。昨年の優勝があって、ようやく達成感みたいなものがあった。そこを経て、ちょっとずつ(米国へ)行きたいというのが大きくなった。その中でのケガでしたが、それによって夢に対する気持ちが小さくなったというのはないです。一方で申し訳ないという気持ちが強かったのが本音。ケガによって(メジャー移籍を)やめようと思ったことはなかった。

 -対戦したい打者、投手は?

 大谷 まだ実名を挙げて良いほどの選手ではないと思っているので、まずは自分がその位置までレベルを上げていくのが大前提。まだ1度も経験していないことについて言うのはちょっとおこがましい。まずは自分がその位置まで上がることを考えて練習したい。

 -なぜ今のタイミングなのか。あと2~3年待てばより良い契約が結べた

 大谷 まだまだ不完全な選手だと思ってますし、もっとやらなければならないことが多い選手だと思っています。そういう状態で行ってみたい気持ちが大きかったです。高校を卒業した時もそういう気持ちだった。そこが1番強いのかなと思います。不完全な状態でなぜと聞かれたら答えられないんですけど、自分として最初からそういう気持ちがありました。高校卒業した時から、そういう環境で自分を磨いたらどうなるのかと興味があったので。自分に対する興味だと思います。

 -メジャーでの自分を想像すると?

 大谷 漠然としたものしかないですけど、個人的には継続してきたものをさらに伸ばしたい。どこか1つあきらめるというのは今の時点では考えていない。5年間やってきたことをさらに伸ばしていきたい。

 -メジャーでの目標?

 大谷 野球をやっている以上は1番の選手になりたいと思うのが普通。野球に関しては何を持って1番というのは難しいところですけど、それはファンの方々やいろんな人たちが「彼が1番だ」と言ってくれるのが選手にとて1番幸せなこと。そういう選手を目指してやっていきたい。

 -北海道への思い?

 大谷 いろいろあって入団したわけですけど、初めて空港を降りたその時からあたたかく迎えてくれた。本当に温かく応援してもらって、どこで会っても声をかけてくれるようなファン。良い方たちに支えられてきたと思っています。

 -ワールドシリーズ優勝について?

 大谷 そこは必ず世界一の選手を目指す上で通るべき場所だと思います。野球をやっている最終目標でもあると思うので、ぜひ経験してみたい。

 -岩手、被災地へのメッセージ?

 大谷 今シーズン、ファイターズの試合が岩手県であったんですけど、僕が行けなかったというのが今年やり残したこと。それができなかったのが今年1番申し訳なかったと思っている。仙台に行った時には岩手の方から来て応援していただいてタオルを振っていただいて、それは感謝しかないです。

 -メジャー挑戦を相談した先輩は?

 大谷 いろんな方にお世話になりましたし、ダルビッシュさんと一緒にトレーニングさせていただいたり、田中賢介さんとはチームで何年か一緒にプレーして、賢介さんの方からいろんな話をしていただきました。代理人が決まった際には青木(宣親)さんから電話をいただきました。

 -メジャー意識したのはいつ?

 大谷 子供の頃からテレビで見てきて、いろんな日本人の選手が挑戦しているのを見て自分も行ってみたいと思ったのが少年の時の心。高校に入って最初に声をかけてくれたスカウトの方がメジャーリーグの方だったので、そこがきっかけかなと。(メジャーとの)距離感は分からないというのが正直な気持ち。実際にそこでやってきたわけじゃないので。距離感はそんなに近づいたという気持ちはないです。ただこの5年間に自信を持っても良いのかなと思うのは事実。教わってきたことにはすごく自信を持っています。

 -現時点で自信を持っている部分は?

 大谷 自分が決めた道に対して、そこに向かって頑張ってはいけるのかなと思います。それはこの5年間、迷うことなく進んで来ることができた。

 -日本ハム栗山監督の存在?

 大谷 感謝はすべての部分においてしています。本当に一野球チームの監督というのを超えて感謝している部分が多い。おそらく、栗山監督でなければファイターズにお世話になっていなかった。自分にとってすごく大きい影響がそこにあったと思いますし、これからもご指導いただける部分があると思います。でも栗山監督しかり、お世話になった方々がいなくなるのは寂しいですが、そこに頼ってばかりというのはまた違うと思ってます。そこも含めて挑戦。代理人も決まったので、一緒になって取り組んでいきたいと思っています。

 -メジャーリーグの魅力?

 大谷 僕も実際にプレーしたわけじゃないので、それぞれに良さがあると思いますし、優劣をつける部分じゃない。その中でもともとメジャーリーグでやりたいという気持ちがあったので、行きたいと。それは必ずしも全員がそうではないと思いますし、それぞれの良さがあって良いと思う。

 -20年東京五輪について

 大谷 昨年は(WBCに)声をかけていただけて光栄だった部分はありますけど、出られなくなって申し訳ないという部分はあります。五輪に関しては数年後、僕がどういう選手になっているかは分からない。また選んでいただけるように実力を磨いていけたらいい。それまで前に進んでいきたい。

 -印象に残る1球、1打は?

 大谷 (投手としては)レフトフライでしたけど、リーグ優勝した時はすごくうれしかったです。長い間戦ってきて、最後まで投げ抜けるということは考えずに最初から飛ばしていって、最後マウンドにいることができたというのはどの1球よりも価値があったと思います。打席に関してはプロ入りの最初の打席で岸さんを相手に見逃し三振したんですけど、その1球はすごいなと思って見送った記憶が今でもあります。

 -ファイターズへの思い?

 大谷 本当に良い球団にお世話になったと思います。ファイターズじゃなければここまで自分を磨けなかった。いろんな人に支えられながらここまできた。自分の力というより、磨いてもらったという部分がすごく大きいと思います。

最終更新:11/11(土) 19:41
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/24(金) 20:30