ここから本文です

メキシコの生後10か月の赤ちゃん、体重28キロに 原因不明

11/12(日) 9:35配信

AFPBB News

【11月12日 AFP】メキシコ太平洋岸のコリマ(Colima)州テコマン(Tecoman)に住む生後10か月のルイス・マヌエル・ゴンサレス(Luis Manuel Gonzales)ちゃんは、他の幼児たちと同じように片言でおしゃべりをし、手が届くものすべてに触れようとする。しかし、ルイスちゃんが他の子どもと違うのは体重がすでに28キロもあり、生命の危険さえあるということだ。

 莫大(ばくだい)な費用がかかる治療が必要になる可能性もあるが、父親の月収は200ドル(約2万3000円)をわずかに超える程度。しかもルイスちゃんがなぜこんなに太ってしまったのか医師たちにも分からないという。

 ルイスちゃんの誕生時の体重は3500グラムで、兄のマリオちゃんと同じ程度だったが、現在3歳マリオちゃんの体格はルイスちゃんよりも格段に小さい。ルイスちゃんの体重は生後2か月で10キロになり、次の8か月間でさらに18キロ増えたという。

 母親のイザベル・パントーハ(Isabel Pantoja)さん(24)は「私の母乳が良かったから太ったと思った」と話す。一家はテコマンの塗装されていないセメントの家に住んでいる。

 猛烈な食欲と虚弱な筋肉を特徴とする遺伝性疾患「プラダー・ウィリ症候群」の可能性も指摘されているが、ルイスちゃんは特に食欲旺盛でも常に空腹を訴えるわけでもない。

 一家に連絡を取り、ルイスちゃんを診察した栄養専門医のシルビア・オロスコ(Silvia Orozco)氏によると、原因はプラダー・ウィリ症候群ではなく、ある種の栄養素が妊娠中の母親に不足していたためにルイスちゃんの代謝をつかさどる内分泌腺が正常に働いていない可能性があるという。

 その場合、治療にはホルモン注射が使用され、予後は良好だという。

 映像は8日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:11/12(日) 14:05
AFPBB News