ここから本文です

iPhone 8かiPhone Xか:結果は明らかだが、もう一度比べてみた。

11/13(月) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アップルは同社の製品ラインナップで初めて、プレミアムモデルのiPhoneを3機種同時に販売している。

【写真付き全文はこちら】iPhone 8かiPhone Xか:結果は明らかだが、もう一度比べてみた。

では、どれを買えばいいのだろう? iPhone 8? iPhone 8 Plus? それともiPhone X?

ここでは3機種をじっくりと使ってみた私が、その違いを解説してみたい。

※写真付き詳細は記事上部のリンクよりご覧になれます。

3機種はすべて同じプロセッサを搭載。スピードやパフォーマンスの違いは分からないだろう。

3機種とも最新のiOS 11がインストールされている。

ワイヤレス充電も同じ。

だが共通点はここまで。iPhone Xは全く新しいデザインで、より大きなディスプレイを搭載している。

一方、iPhone 8のデザインは2014年からほぼ変わっていない。

iPhone Xはより美しい有機ELディスプレイ(OLED)を搭載。最新の調査で、スマートフォンのディスプレイとして史上最高の評価を得た。

一方、iPhone 8は液晶ディスプレイ(LCD)。もちろん高性能だが、ひとつひとつの素子が発光、そして発光を止めることができる有機ELディスプレイを使ったiPhone Xの深い黒の表現にはおよばない。

iPhone Xはフロントに奥行きも認識できるTrueDepthカメラを搭載。顔認証だけでなく、アニ文字やSnapchat lenseのようなARにも使われる。

TrueDepthカメラはポートレートモードに対応、自撮りにも最適。

iPhone 8のフロントカメラは一般的なもの。Face IDやポートレートモードには未対応。

iPhone Xにはホームボタンがない。代わりにディスプレイを下から上へとスワイプする。

iPhone 8にはホームボタンとTouch IDによる指紋認証が健在。

iPhone Xのリアカメラの撮影品質は素晴らしい。2つのレンズには光学式手ぶれ補正機能が搭載され、暗い場所でも手ぶれをかなり防いでくれる。

iPhone 8はシングルカメラ。iPhone 8 Plusはデュアルカメラだが、光学手ぶれ補正機能は広角カメラのみ。

だがiPhone Xは高い。64GBモデルは11万2800円、256GBモデルは12万9800円。

iPhone 8は7万8800円(64GBモデル)、iPhone 8 Plusは8万9800円(64GB)から。

答えは明らか。iPhone XはiPhone 8よりもずっといい。

iPhone Xはあらゆる意味で素晴らしい。

デザインは完璧。大きなディスプレイと小型化を追求した本体のおかげだ。一方、4年目を迎えたiPhone 8のデザインは古くさくて時代遅れ。

またiPhone Xの顔認証システムや高解像度ディスプレイ、最新鋭のカメラシステムなどの素晴らしい機能は、今後数年にわたってスマートフォンのスタンダートとなる。

iPhone 8も非常に優れた端末で、購入者をがっかりさせることはない。だが最高の1台が欲しければ、iPhone Xを選ぶべきだ。

[原文:I've used the iPhone 8 and the iPhone X ー and the winner is clear]
(翻訳:塚本直樹/編集:増田隆幸)

最終更新:11/14(火) 7:42
BUSINESS INSIDER JAPAN