ここから本文です

中居正広、クレジットカード詐欺に遭っていたことを告白「全然知らない人に使われた」 

11/14(火) 9:03配信

スポーツ報知

 元SMAP・中居正広(45)が12日放送のTBS系「なかい君の学スイッチ」(月曜・後11時56分)で、クレジットカード詐欺の被害にあっていたことを告白した。

 番組冒頭で中居は「先々週かな。この間の収録の本番前に気がついて、スタッフに『こういうことあったから、どうにかならないの』って聞いた。(クレジット)カードを全然知らない人に使われた」と衝撃告白した。

 中居は続けて「スキミングって(いう詐欺で)、カードを買い物したときにデータを盗まれたと思ったら、それが(違って)やべえやつなのよ。クレジットマスターってやつ」と説明した。

 番組では中居の被害を詳細に紹介。10月8日の午前6時30分に、中居のカードを使って炭酸水の製造マシーンを3万1320円分購入されたことが確認された。その後、11時50分に、アニメサイトなどにクレジットカードが登録されたことが確認され、正午に子供向けハロウィーングッズ1404円を30個で4万2120円分、午後0時6分に、テーマパークのチケット5人分、3万7000円分で締めて11万440円の被害となった。カード会社が不正利用に気がついたために、中居の被害はなかったという。

 クレジットマスターとは、本人の知らないところで、クレジットカード番号と有効期限を探し当て、カード情報を抜き取り不正使用するもの。対応策はほとんどなく、明細をチェックすることだという。だが、カード会社のセキュリティーチェックが厳しくなったため、現在ではほとんどない詐欺だという。

 また、最近は量販店のポイントが詐欺で盗まれるケースが増えていると番組では紹介。すると中居は「ビックカメラでポイント90万くらいある」と自慢してみせた。今まで使用することなくため続けていたと明かし「すごい、大きい買い物するときに、ビックリさせたい」と無邪気に笑った。アプリは使用していないが、メールアドレスと暗証番号が盗まれると悪用されるケースがあると知らされると「財布、持ってきて。これオンエアしないで」と泣きが入った。

 テンション高く詐欺被害を告白した中居だが、レア中のレアな詐欺だと知りなぜかトーンダウン。「はやっていないやつでしょう、なんか嫌だな」とポツリ。「オンエアの次の日、街でねえ。CD出そうかな『中居正広でクレジットマスター』」と毒づいていた。

最終更新:11/14(火) 9:04
スポーツ報知