ここから本文です

篠原涼子主演の月9「民衆の敵」第4話視聴率7・6%で2回連続のアップ

11/14(火) 9:03配信

スポーツ報知

 13日に放送された女優・篠原涼子(44)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」(月曜・後9時)の第4話の平均視聴率が7・6%だったことが14日分かった。

 前回の7・5%から0・1ポイントの微増も2回連続の上昇となった。

 篠原が新米女性市議に扮し、市政や社会の悪と対決する痛快政治エンターティンメント。夫と子供と平凡な家庭を営んでいた智子(篠原)が、ある日、夫婦同時に失業。市議の高額報酬を目当てに出馬し、政治家一家のエリート・藤堂(高橋一生)ら一癖も二癖もあるライバル候補たちと選挙戦を繰り広げるというストーリー。

 衆院選のため、1週遅らせてのスタートとなった初回9・0%でスタートした今作品。今回は主題歌「LIFE」を歌う人気グループAAAの宇野実彩子(31)がゲスト出演。副音声では、議員仲間で出演中の前田敦子(26)と「トレンディエンジェル」斎藤司(38)がトークを展開し、話題を呼んだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:11/14(火) 9:04
スポーツ報知