ここから本文です

HTC、スタンドアロンVRヘッドセット「Vive Focus」と新VRプラットフォーム「Vive Wave」発表

11/14(火) 18:34配信

ITmedia NEWS

 台湾HTCは11月13日(現地時間)、中国の北京で開催した「Vive Developer Conference」で、7月に予告していた中国市場向けスタンドアロン型VRヘッドセット「Vive Focus」を発表した。具体的な発売日や販売価格はまだ発表していないが、年内に中国のViveportで発売の見込みだ。

独自のVRプラットフォーム「VIVE WAVE」も立ち上げた

 Vive Focusの主なスペックは、プロセッサは米QualcommのSnapdragon 835、ディスプレイはAMOLED、内蔵センサーにより6DOF(前後、左右、上下、ピッチ、ヨー、ロール)の認識が可能で、外部センサーは必要ない。HTCのVive向けコンテンツストア、「Viveport」のアプリやコンテンツを利用できる。

 米GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」ではなく、同時に発表した独自のオープンなVRプラットフォーム「Vive Wave」を搭載する。

 Vive WaveのSDKにより、開発者はスタンドアロンのVRヘッドセットだけでなく、スマートフォン搭載型もサポートするコンテンツを開発できる。同プラットフォームはUnityとUnrealのプラグインにも対応する。

 既に35以上のコンテンツ開発者が同プラットフォームのためのコンテンツを開発しており、中国の12のハードウェアメーカーが、Vive WaveとViveportの自社製品でのサポートを表明している。

 なお、GoogleのVR責任者によると、HTCはDaydream搭載スタンドアロンVRヘッドセットは発売しないという。

最終更新:11/14(火) 18:34
ITmedia NEWS