ここから本文です

栗山航、塩野瑛久、西銘駿、飯島寛騎らオスカー若手俳優が決意表明「僕ら失敗しないので!」、創業以来初の男性ユニット『男劇団 青山表参道X』誕生

11/15(水) 11:45配信

デビュー

 芸能プロダクション「オスカープロモーション」より、1970年の創業以来初となる男性エンターテインメント集団『男劇団 青山表参道X』が誕生。14日に都内で行われたお披露目記者発表会に、西銘駿や飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久らメンバー30人が登壇し、意気込みを語った。

【写真】応援に駆けつけた剛力彩芽ら

 メンバーには、『牙狼<GARO>』主演の栗山がリーダーを務め、『獣電戦隊キョウリュウジャー』の塩野が副リーダーを務めるほか、『仮面ライダーゴースト』主演の西銘、『仮面ライダーエグゼイド』主演の飯島をはじめ、ミュージカル『テニスの王子様』で注目を集めた小沼将太、宇野結也、定本楓馬、『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』の仲田博喜、新井裕介、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の中村嘉惟人、『天才てれびくんYOU』の立花裕太ら若手俳優・モデルが30名が集結。

 同グループは、オスカープロモーションにとってゆかりの地である青山表参道に、「無限」「未知数」などの意味合いが含まれる「X」を加え、無限に広がる未知の可能性を持つ男性エンターテインメント集団として結成。現在は、30名だが、今後は俳優・モデルに限らず、演技・音楽・ダンス・スポーツといった様々な分野で輝く可能性を秘めた男性を発掘し、拡大をも視野に入れて活動していくという。

 タキシード姿で登場したメンバー30人は、一人ずつ挨拶し、「常に笑顔で周りを笑顔にすること」(西銘)、「大好きな『ワンピース』から。“女の嘘は許すのが男だ”。そんな男になってみたい」(塩野)、「1日1cmの前進」(中村)、「先手必勝やられる前にやれ!」(立花)と、それぞれ個性豊かな座右の銘を発表。

 そしてリーダーの栗山は「メンバー一人ひとりが才能に溢れていて、いろんな方面で活躍しています。劇団という大きな力を借りて、芸能界にオスカープロモーションらしい、爽やかな風を吹かせていきたい」と意気込みを語りつつ、「とはいえ、一人ひとりがライバルですので、切磋琢磨しながら、魅力ある唯一無にの男劇団を作れたらいいなと思います」とコメント。さらに「オスカープロモーションは“美の総合総社”ということで女性のイメージが強いと思いますが、男も負けてないぞ!というところをみなさまに強くお伝えできたら」と力強くコメント。

 「今後やってみたいこと」を聞かれると、立花が「劇団としてお芝居もしっかりとやっていきたいですが、バラエティもやっていきたい。僕だったらDIYが好きなので、家を丸ごとリフォームとかやってみたい」と語ると、中村は「日本だけでなく海外の方にも知ってもらいたいので、ゆくゆくは海外公演とかもできるように頑張っていきたい」と目を輝かせる。

 副リーダーの塩野は「オスカープロモーションが本格的に男性に力を入れていくというのは、とても嬉しく思うし、すごくチャンスだと思っています。これまでみんなが積み上げてきた個の力が集団になることによって、十倍にも二十倍にも力を増して届けられたら」と決意を新たにする。さらに、「温かく見守って、そして応援してください。僕ら、失敗しないので!!」と、米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の決めセリフを引用し決意表明。しかし、すぐさま「あとでみんなを引き連れて米倉さんに謝りに行きたいと思います(笑)」と語り、笑いを誘っていた。

 この日のお披露目会見には、スペシャルゲストとして、オスカープロモーション所属の村上弘明、前田美波里、剛力彩芽、岡田結実が応援に駆けつけ、メンバーに花束を贈呈。村上が「この日を境にみなさんにはいい旅立ちをしてほしい。全国、そして全世界に『男劇団 青山表参道X』が知れ渡る事を願います。頑張ってください」とメッセージを送ると、前田も「これからたくさんの困難にぶつかるだろうと思いますが、お一人お一人の個性、そして夢を忘れず最後まで頑張っていただきたい。若いんだから、無理して頑張れ!!」と激励。剛力も「私はみなさんと世代が近いので、私も負けじとお芝居や歌、ダンスを頑張りたいと思います。みなさんとご一緒できる日を楽しみにしています」とエールを送った。

 お披露目会見の後に行われた囲み取材で、「一番の問題児は?」と問われると、栗山は即答で西銘の名前を回答。最初の撮影の際、靴下を忘れてメンバーに借りたことを暴露されつつも、西銘は「僕は一番明るくて、みんなのムードメーカーでございます!」と満面の笑み。さらにチームワークについて、西銘は「最高ですよ!」と笑顔で語り、「結成されると同時に演技レッスンとかダンスレッスンが始まって。そこで初めて会った人もいたけど、男っていうだけあって、けっこう最初からみんな仲良くなるのが早かった」とメンバー同士の仲の良さをアピール。

 また、オスカープロモーションといえば“恋愛禁止”にまつわる独自のルールが話題だが、同グループでのルールについて聞かれると、栗山は「しっかりとしたルールはありませんが、オスカープロモーションたる所以、トップをとらなければ恋愛をしてはならないという文言があるので、それは留意しながらやっていくと思います」とキッパリ。続けて西銘が「一人ひとりが監視しておりますので、気を付けてください!」とメンバーに呼びかけたものの、“一番危ないのは?”という質問にメンバーからは「西銘です」と即答され、「なんで僕なんですか!!」とタジタジになるひと幕も。

 今後の「男劇団 青山表参道X」の活動としては、12月25日にクリスマスイベントを開催し、来年6月に初の舞台公演を予定している。

◆「男劇団 青山表参道X」メンバー
栗山航(くりやま・わたる)リーダー
塩野瑛久(しおの・あきひさ)副リーダー
西銘駿(にしめ・しゅん)
飯島寛騎(いいじま・ひろき)
村上由歩(むらかみ・ゆうほ)
小沼将太(おぬま・しょうた)
仲田博喜(なかた・ひろき)
宇野結也(うの・ゆうや)
定本楓馬(さだもと・ふうま)
水江建太(みずえ・けんた)
中村嘉惟人(なかむら・かいと)
岡宮来夢(おかみや・くるむ)
田中ジョシュア(たなか・じょしゅあ)
池上翔(いけがみ・しょう)
新井裕介(あらい・ゆうすけ)
春口尚人(はるぐち・なおと)
依田啓嗣(よだ・たかし)
西脇大河(にしわき・たいが)
山本学(やまもと・まなぶ)
守谷駿(もりや・しゅん)
長田翔恩(おさだ・しょーん)
明珍隼人(みょうちん・はやと)
立花裕太(たちばな・ゆうた)
沢柳健(さわやなぎ・けん)
湯本健一(ゆもと・けんいち)
佐々木駿(ささき・はやて)
土居秀士(どい・しゅうじ)
沖津海友(おきつ・みゆ)
辻憲斗(つじ・けんと)
岩田知樹(いわた・ともき)

最終更新:11/15(水) 11:45
デビュー