ここから本文です

日馬富士関がビール瓶で貴ノ岩関を殴打 九州場所休場

11/14(火) 10:55配信

産経新聞

 大相撲の東横綱日馬富士関(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中に幕内貴ノ岩関(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=をビール瓶などで殴打して大けがを負わせていたことが14日、分かった。

 日馬富士関は同日午前に福岡県太宰府市の朝稽古後、報道陣の取材に応じ「このような貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の皆様、相撲協会、部屋の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。暴行を事実上認めた。日馬富士関は同日の九州場所3日目から休場する。

 日本相撲協会幹部は同日午前、九州場所を開催中の福岡国際センターで緊急会合を開いた。八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が日馬富士関の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)から事情聴取した。

 協会関係者によると、日馬富士関は10月26日に鳥取市で秋巡業が開催された後に開かれた会食の席で口論となって貴ノ岩関にビール瓶などで暴力を振るったとされる。

 貴ノ岩関は今場所初日から休場。「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」との内容の診断書を公表し、11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院していたという。

 貴乃花親方は13日に「診断書に書いてある通り。本人も体調が悪いので。これ以上ありません」と話していた。

最終更新:11/14(火) 11:06
産経新聞