ここから本文です

「金本位制の仮想通貨」って何? ハウステンボスの計画と世界の新たな金融サービス動向

11/14(火) 21:20配信

投信1

リスクオンの流れが金投資には逆風となり、世界同時株高となる中で、金価格が伸び悩んでいます。その一方で、金投資とフィンテックを融合させ、金融サービスの新機軸を狙う動きも見られています。今回は、こうした状況を踏まえて、金を取り巻く最新の投資環境を整理してみました。

金ETFへの投資が急減、リスクオンの流れが逆風に

ワールド・ゴールド・カウンシルが7日に発表したリポートによると、7-9月期の世界の金需要は前年同期比9%減の915トンと8年ぶりの低水準になりました。前期比では2四半期連続で低下しており、世界的な株高が金投資にはむしろ逆風となり、投資需要が落ち込んでいます。

7-9月期の金ETFへの投資も18.9トンと、前年同期の114.3トンから大きく減少しました。世界的な株高でリスクオンの流れとなったことから、リスクヘッジ手段としての金の魅力が低下している模様です。

ただし、金ETFでの運用資産残高は昨年10月以来の高さとなっており、金ETFから資金が流出しているわけではありませんので、積極的な買いが見送られているという解釈もできそうです。

金ETFへの投資需要は低迷していますが、金価格はおおむね堅調です。北朝鮮問題で地政学的リスクが高まったことから、9月には1300ドルの節目を大きく越え、一時1350ドル近辺まで上昇しています。11月10日現在のロンドン金現物価格は1280ドル台で推移しており、年初来の騰落率は+12.1%となっています。

ハウステンボスの「テンボスコイン」とは

そのような中、ハウステンボスは6日、世界初の「金本位制に基づく仮想通貨」計画を発表しました。同社の従業員を対象に、独自の仮想通貨「テンボスコイン」を使った決済システムを12月中旬より開始する予定です。

ハウステンボスは、「テンボスコイン」の裏づけとして既に1トンの金(約50億円に相当)を購入しており、所有する金の一部を12月16日より施設内の「黄金の館」で公開します。

「テンボスコイン」は、スマートフォンでの無料アプリを利用したデジタル通貨プラットフォームで運用されるデジタル通貨です。ハウステンボス内の指定の場所でチャージすることで、現金を使わずに場内で食事や買い物ができます。

将来的には、「テンボスコイン」を円やドル、ビットコイン等と両替可能な「仮想通貨」とし、世界初の「金本位制に基づく仮想通貨」として運用する計画です。

1/3ページ

最終更新:11/14(火) 21:20
投信1