ここから本文です

日本に完勝のブラジルからハリルジャパンへ提言 「強国と対等に戦おうとするな」

11/14(火) 19:10配信

VICTORY

11月10日、日本代表はフランスのリールでブラジル代表と対戦して1-3で敗れた。ハリルジャパンと対戦したブラジルの選手や関係者は、どのような印象を持ったのか。選手たち、チッチ監督、ブラジル人記者、そしてJリーグにも在籍した元セレソンのジョルジーニョ氏に話を聞いた。(文=藤原清美)

プレスを仕掛ける日本に対してブラジルが用意した策

10日にフランスのリールで開催された、親善試合日本対ブラジル戦。結果は3-1でブラジルの勝利に終わったが、試合後、ブラジル代表の選手達に日本の印象を聞くと、第一声は、厳しい試合だったというものが多い。

センターバックのチアゴ・シウバが「今日はいつもより、僕らのクオリティを発揮するのが難しかった。」と言えば、攻撃的MFのジウリアーノも「日本代表は良くオーガナイズされていて、試合を通して、良い守備で僕らにプレッシャーをかけてきた」と語り、日本のディフェンスに苦しめられたことを振り返る。

しかし、もう少し踏み込んで聞くと、その言葉からは、スコア以上の余裕も感じられるのだ。

ブラジルは決して、この試合を甘く見ていたわけではない。これまで、ほぼ固定のメンバーで熟成を図りながら南米予選を戦ってきた後、日本戦のように、通常のスタメンから、一気に5人を入れ替えたのは、チッチのやり方としては、確かに異例だ。

それでも初招集の選手はいないし、控えの選手にチャンスを与えたり、ボランチのフェルナンジーニョを、攻撃的MFとして起用するなど、チームの選択肢と経験値を増すことで、強化に活かすのは、親善試合としては当然のことだ。

それにより、コンビネーション不足の感はあったものの、同時に日本の攻略法も、チームにはしっかりと浸透させてあった。

チアゴ・シウバは「日本は戦術的に、特に守備の面で、対戦相手にすごくプレッシャーをかけることができるチーム。この試合では、そのコンビネーションが完成に近いことが分かった」と、日本の現状に賛辞を送る。

一方で「だから、僕らは後ろから組み立てる形で、攻撃を仕掛ける状況を作ったんだけどね。」と、ブラジル側が準備していた打開策も、さらりと説明してくれるのだ。

攻撃陣の意見も同様で、若きFWガブリエウ・ジェズスは「日本代表は強いチームだし、戦術的に良い代表チームだ。クオリティの高い選手達が揃っているし、僕らにとって、難しい試合になった。僕らは日本の強固な守備を、後ろから攻撃を組み立てることで、打開したんだ。美しい形になったと思うよ。チームワークの勝利だ」と、自身のゴールも含め、厳しいディフェンスに対し、チームプレーが奏功したことに、一定の満足感を示す。

前半で日本が3失点した後、ハーフタイムには、現地で取材していたブラジルのラジオ局から、私もコメントを求められた。

ただ「日本代表はどうしたの? 何が起こったの? 我々の知っている日本は、こんなものではないと思っているんだけど。メンタリティの問題だろうか?過去にも、失点後に崩れるというパターンがあったよね?」と、その問いかけは、質問というより、意見に近かった。

1/2ページ

最終更新:11/15(水) 20:43
VICTORY