ここから本文です

<草加3人死亡>子ども2人殺害の疑い、死亡した内縁の妻を書類送検 内縁の夫は殺人罪で懲役3年

11/14(火) 21:57配信

埼玉新聞

 埼玉県草加市の住宅で昨年12月、フィリピン人女性と子ども2人が死亡し、内縁の夫でナイジェリア人の男が逮捕された事件で、県警捜査1課と国際捜査課、草加署の合同捜査班は14日、子ども2人への殺人と夫への殺人未遂の疑いで、フィリピン国籍、無職の妻=当時(40)=を被疑者死亡のまま、さいたま地検に書類送検した。

 書類送検容疑は昨年12月19日午後11時ごろ、草加市西町の自宅で、長男(1)と長女(4カ月)=いずれも当時=を包丁(刃渡り17センチ)で突き刺して殺害。夫の無職イボンギディ・クレメント・アパン被告(53)=殺人罪で懲役3年=の腹部を刺して2週間のけがを負わせた疑い。

 この事件では、妻から包丁を奪い、防衛の限度を超えて刺して殺害したとして、さいたま地裁が9日、アパン被告に実刑判決を言い渡していた。

最終更新:11/14(火) 21:57
埼玉新聞