ここから本文です

【連載】芸人・ブロードキャスト!!/ 菅田将暉&桐谷健太W主演、芸人青春物語『火花』を語る

11/14(火) 17:49配信

トレンドニュース(GYAO)

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が執筆し、第153回芥川(あくたがわ)賞を受賞した「火花」が、菅田将暉&桐谷健太をW主演に迎え、映画化(11月23日公開)。売れずにくすぶっている若手芸人・徳永と、型破りなスタイルで己の笑いを追求する神谷が出会ったことから始まった「胸が締め付けられるような」芸人青春ストーリー。
トレンドニュースでは、公開を記念し、芸歴や年齢などまったく違った6組のお笑いコンビに、映画を見た感想や、自身の芸人人生にどんな影響を与える作品だったかを語ってもらった。

【劇場予告編 1】『火花』菅田将暉&桐谷健太 W主演>>

第2回は、2001年にコンビを結成し、漫才師として活躍を続ける「ブロードキャスト!!」の吉村憲二と房野史典が爆笑トークを繰り広げた。

■漫才師として作品に出演!

――お二人は劇中、漫才師として参加されていますよね。

吉村: 役作りが大変でしたね。気持ちを作るところとかね。

房野: なに言ってんの! 大変なことなんて皆無でしたよ。僕らがやったのは芸人として漫才するだけでしたから、ほぼ素でした。本当にスムーズにいきました。

――板尾創路監督からは演出はなかったのですか?

吉村: 普通に一本丸々漫才やってくれって言われた感じですね。

房野: 作品内で僕らもしかしたら、(菅田演じる徳永の漫才コンビ名)「スパークス」や(桐谷演じる神谷の漫才コンビ名)「あほんだら」より、漫才とフリートークをやってると思いますね。目の前のお客さんを前説で盛り上げたりしていました。余計楽しかったですね。

■芸人にとっては胸がイタイ部分も多い!

――出演者ではなく、視聴者としてみたときどんな感想を抱きましたか?

吉村: 僕は2回見ているのですが、泣けました。メチャメチャ泣けました。最後の漫才のシーンはグッときました。「菅田っちやるな」って思いました。

房野: 原作読んだあと、又吉さんご本人にも伝えたし、この映画を見ても思ったのですが、僕ら世代(1980年生まれ)だと胸がイタイんです。あるあるがありすぎて切ないんですよ。

吉村: 作品と同じだと、俺芸人やめなきゃってなっちゃうよね(笑)。

1/2ページ