ここから本文です

ベルギー代表デ・ブライネ 監督の戦術に不満、「何か変えなければならない」

11/14(火) 20:35配信

SPORT.es

ケヴィン・デ・ブライネはロベルト・マルティネスがベルギー代表で用いる戦術に不満を募らせている。
メキシコ代表と3-3の引き分けに終わった後、このマンチェスター・シティのMFはジャーナリストにこのように語った。

「監督はメキシコ戦で起きたような状況を回避するために現実的な解決策を見出す必要があると思う。何か変えなければならない。」

「メキシコは戦術的に僕らよりも優れている事を示した。彼らのシステムは僕達の中盤を押し込み、5人が下がる事を強いらせた。まだ僕達は解決策を分析しているところだ。チームは良い戦術を有していないため、メキシコのような代表チームを相手にすれば困難が伴うだろう」デ・ブライネはそのように批判した。

ロベルト・マルティネスは2016年8月にマルク・ヴィルモッツの後任としてベルギー代表の監督に就任した。スペイン人指揮官の当初の目標はベルギー代表をロシアW杯2018本戦出場に導く事だった。
そして、それを無事に達成した現在、彼の新たなミッションはデ・ブライネ、エデン・アザール、ロメル・ルカクといったスター選手達を擁してベルギーを世界の偉大な代表チームの1つに位置付ける事である。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:11/14(火) 20:35
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合