ここから本文です

小池知事、希望の党代表辞任も「後押しをしたい」

11/14(火) 19:09配信

日刊スポーツ

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日、国会内で開いた両院議員総会で、代表を辞任する意向を表明した。小池氏は衆院選で敗北後も、代表にとどまる意向を示してきた。

【写真】希望の党小池百合子代表が辞任「責任ひとつ終えた」

 この日、総会で玉木雄一郎代表以下、新執行部が承認されたことを受け、あいさつ。「国政は、国政のみなさんに任せたい」とした上で、「党の創業者で、代表者でスタートしたが、これからの(党の)方向性は決まっている。だから私は代表を降り、皆さんをサポートしたい」と述べた。

 また、「新しい執行部が誕生したことを心から喜びたい。これからが勝負だ。『だれかがやる』ではなく、ポテンヒットを許さないようにしてほしい。ヒットを打つ人、ホームランを打つ人、それぞれが持ち味を生かしてほしい」と、エールを送った。

 今後について、「日本や東京が輝いていくよう、私も必要な手伝いをさせていただきたい。私は、みなさんが思う存分頑張れるような後押しをしたい」と述べ、何らかの形で党にかかわる意向を示した。

 小池氏の代表辞任で、正式な代表に就任した玉木氏は、小池氏に今後、特別代表や特別顧問の肩書を付与したい意向を示した。

 小池氏は会合後、取材に応じ、代表辞任を決断したのは「新執行部の体制が固まった段階だ」と述べた。

 玉木氏を支える幹事長には、古川元久衆院議員が起用された。

最終更新:11/14(火) 19:55
日刊スポーツ