ここから本文です

中国初のプロレス団体「東方英雄伝」上陸へ 16日に東京で

11/14(火) 20:15配信

CNS(China News Service)

【東方新報】中国初のプロレス団体が近く、日本へ初めて上陸する。記者は中国駐在歴10年以上の「格闘技・プロレス好き」だが、知る限り「スポーツ大国」と呼ばれる中国にも野球など不毛とされるスポーツがいくつか存在する。その一つがプロレスだ。特に、現在の中国はスポーツビジネスが極めて少ない。そんな中、5年前から中国で展開されているプロレス興行がじわじわと人気を集めている。中国人レスラーだけで構成された中国初のプロレス団体「東方英雄伝」が11月16日、東京・後楽園で初興行を迎える。

【写真】中国では希少な?レスラーたち

 スポーツ大国の中国でも、スポーツ選手に引退後の「働き口」が少ないという課題を抱えている。スポーツビジネスが定着していないからだ。その一方で、中国は少林寺やカンフーといった武術映画が人気で、格闘技そのものを見る土壌がある。また、野球やサッカーなどは子どもの頃から経験を積んできた人は多いが、プロレスにはほぼそれがない。むしろ、現役レスラーの多くがほかのスポーツ出身だ。「経験がなくてもできるプロスポーツ」であり、年齢がある程度若ければ、選手としてのキャリアを始めるのが遅すぎるということがないのだ。

 中国のプロスポーツにおいては、バスケットボールとサッカーが、政府が特に力を入れている種目だ。サッカーは、各クラブチームが破格の契約金で世界のスター選手たちを獲得していることから世界的にも注目されている。バスケットボールでは、米国NBAを代表するスターとなった中国人プロ選手・姚明(Yao Ming)の存在が、中国でのバスケットボール人気に火を付けた。

 中国初のプロレス団体として旗揚げされた「東方英雄伝」にも、中国のプロスポーツ界において「第2の姚明」となる潜在能力を秘めたレスラーがいる。「東方英雄伝」レスラー第1号で、安徽省(Anhui)出身の王彬(Wang Bin、ワンビン)(23歳)だ。小さい頃から習っていた少林寺拳法と中国独自の格闘技である散打の心得があり、体育学校を卒業している。

 王彬は2016年、米国最大のプロレス団体WWE(World Wrestling Entertainment)との契約を結んだ。入団のためのトライアウトに参加しようとしたところ、WWE側が王彬の素質を見抜き、トライアウト免除により入団が許可されたという逸材だ。WWEとの契約上、王彬は現在、日本のリングに上がれないため今回の日本初興行には不参加だが、「王彬に続け」とばかりに、中国人レスラーの卵が集まり始めている「東方英雄伝」の興行は見ものかもしれない。

 とはいえ、関係者によると、目の肥えた日本のプロレスファンからみれば、中国人レスラーは「まだまだ小学校低学年ぐらいのレベル」という声もある。しかし、スポーツ大国で経験を積んできた運動能力の高いレスラーたちだけに、日本初興行での奮闘を期待したい。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。