ここから本文です

見逃せない!立体験型イルミ~巨大ケーキやマカロンもキラキラ輝くイルミに変身♪<グランイルミ>

11/15(水) 12:00配信

伊豆新聞

 伊東市の伊豆ぐらんぱる公園で、11月11日スタートした「立体験型イルミネーション グランイルミ~3rdシーズン~」!

【写真特集】巨大ケーキやマカロンもイルミネーションになっちゃった?!

 2015年冬の初開催から、年を重ねるごとに電飾数を増やし、今回の発光ダイオード(LED)の数はナント約600万球。昨年の400万球の1.5倍の高密度となったと聞き、「今年はどんな仕掛けになっているんだろう」と、訪れる前から早くも期待に胸が高鳴る。

 虹のゲートをくぐり、歩き出すと見えてきたのは「たんぽぽの草原エリア」。キラキラと輝く3万本超のタンポポが、幻想的な雰囲気を演出。

 タンポポ畑越しに、虹色に煌(きら)めくロングスライダー「ナイトレインボー」が見えた。無料で楽しめることもあり、行列が途切れることのない大人気アトラクションだ。

 「お楽しみは後で」と心の中で言い、タンポポ畑からオススメ撮影スポット「夢のトンネル」を抜け、「お菓子を求めて海底20000マイル」エリアへ進む。

 「海底を散策していた潜水士が発見した玉手箱の中から飛び出したカラフルな菓子や、周りで踊る海の生き物を表現した」という同エリアは、クジラやカメ、タコなどの海の生き物の他に、巨大ケーキやドーナツ、マカロン、キャンディー、和菓子などおいしそうなスイーツが並ぶ「スイーツランタンエリア」を併設している。

 2つのエリアでは、レーザー光と音楽がコラボした壮大な光のショー「光と音のフルカラーレーザーショー」が30分に1回、行われる。スモークをたき、そこにカラフルなレーザー光を照射することで、オーロラのような不思議な光の空間が出現。

 思わず、息を飲む美しさは、何度見ても見飽きることはなく、このショー見たさに昨年も多くの人が訪れたというのも納得だ。

 オススメビューポイントは、レーザーの光が正面から当たる「ウキウキへの架け橋」。人気のスポットなので、早めに行って好位置をゲットしたい。

 また、12~13分ごとに隣のランタン花畑も加えた3つのエリア同時に「光と音のショー」が行われる。楽しい曲に合わせ、海の生き物や菓子、花が踊り出す様子に「わあ~~、きれい」「あっ、クジラだ」「お菓子、おいしそう」と会場のあちこちから、歓声があがった。

1/2ページ

最終更新:12/7(木) 11:00
伊豆新聞