ここから本文です

クリス・エバンスが天才子役の語る“家族”に脱帽「ギフテッド」特別映像が公開

11/15(水) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督がメガホンをとったファミリードラマ「gifted ギフテッド」で、主演のクリス・エバンスや、本作で一躍注目の子役スタートなった新星マッケナ・グレイスちゃんらが、登場人物たちや“家族”というテーマについて語る特別映像が公開された。

 生まれて間もなく母親を亡くし、独身の叔父フランク(エバンス)とフロリダの小さな町でささやかながら幸せに暮らしていた7歳のメアリー(グレイス)。彼女の特別な才能が明らかになってもフランクは普通の生活を望んでいたが、メアリーの祖母エブリンは孫娘に英才教育を施すためフランクから引き離そうと画策する。

 特別映像で、ウェブ監督は「映画で一番大切なのはキャラクターだ」と原点回帰を明言し、オスカー女優のオクタビア・スペンサーが「全員に欠点があり人間らしいの」と登場人物たちの魅力を語る。「こんなに感情移入した映画は初めてよ」と言うグレイスが、「家族とは愛する人のこと。その人や一緒にいる場所が好きならそれが家族よ」と大人顔負けに語ると、隣で聞いていたエバンスは「すごいね」と脱帽。「美しく心に響く物語だ」とメッセージ性の強い仕上がりをアピールしている。

 「ヘルプ 心がつなぐストーリー」「ドリーム」のスペンサーがフランクとメアリーを常にサポートする隣人役を演じるほか、2人を温かく見守る教師役をエバンスとのロマンスが話題となったジェニー・スレイト、厳格な祖母役をリンゼイ・ダンカンが演じた。

 「gifted ギフテッド」は11月23日から全国公開。

最終更新:11/15(水) 21:34
映画.com