ここから本文です

LED86万個、並木道幻想 24日からロームイルミネーション

11/15(水) 9:08配信

京都新聞

 電子部品大手のローム(京都市右京区)は24日から12月25日まで、本社周辺で毎年恒例のイルミネーションを催す。19回目の今回は、並木に飾るLED電球を前年より6万個増やして過去最多の86万個とし、幻想的な雰囲気を演出する。
 今年のテーマは「ライトニングサーカス」。期間中の土日・祝日は、本社南隣の名倉公園で、ドアを開けると別世界が広がる体験型イベント「サーカス団のふしぎなドア」を行う。また大学生によるアカペラコンサートを昨年の倍の1日8回開く。映像とパフォーマンスを融合したショーも予定する。
 イルミネーションは、五条通から南の佐井通沿いを中心にメタセコイアやヤマモモなどの樹木86本に装飾する。点灯は午後4時45分から同10時まで。
 鑑賞は無料。駐車場はないため、公共交通機関での来場を呼びかけている。
 問い合わせはローム本社075(311)2121。

最終更新:11/15(水) 9:26
京都新聞