ここから本文です

「ペット」続編からセクハラ騒動のルイス・C・Kが降板

11/15(水) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] プロデューサー、脚本家、俳優としても活躍する米人気コメディアンのルイス・C・Kが、複数の女性に対するセクハラ行為が暴露されたことで、大ヒット長編アニメーション「ペット」の続編から降板したことがわかった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオの再タッグで、ニューヨークを舞台に、個性あふれるペットたちが飼い主の留守中に繰り広げる大冒険を描いた同作は、全世界興収8億7500万ドルの大ヒットを記録。主人公のテリアのミックス犬マックスの声を演じたC・Kは、続編となる「ペット2(仮題)」にも同役で続投することが決まっていたが、米ニューヨーク・タイムズ紙が11月9日(現地時間)、C・Kからセクハラを受けたという女性5人の証言に基づく暴露記事を掲載したことで、降板を余儀なくされた。

 タイムズ紙の記事が出るやいなや、11月17日から全米公開予定だったC・K監督・脚本・主演の新作コメディ映画「I Love You, Daddy(原題)」が、配給元の判断により公開中止になった他、Netflixは近日配信を予定していたスタンダップコメディ特番をキャンセル、米FXネットワークもC・Kの制作会社ピッグ・ニュートンとの契約を全面的に解除するなど、関係各社が一斉かつ迅速な措置を講じていることからも、セクハラ騒動に揺れるハリウッドの現状がうかがわれる。

 ちなみに、2019年6月7日全米公開予定の「ペット2(仮題)」で、C・Kに代わり誰が主人公マックスの声を演じるのかについては、現時点で決まっていない。

最終更新:11/15(水) 11:00
映画.com