ここから本文です

菅田将暉×土屋太鳳「となりの怪物くん」に古川雄輝、浜辺美波、山田裕貴ら結集!特報も完成

11/15(水) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 菅田将暉と土屋太鳳の主演で、ろびこ氏の人気漫画を映画化する「となりの怪物くん」の追加キャストが発表され、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳、速水もこみちの出演が明らかになった。合わせて、特報映像も披露された。

【動画】「となりの怪物くん」特報

 累計発行部数590万部突破の人気漫画を「君の膵臓を食べたい」の月川翔監督が実写映画化。行動が予測不能な問題児・吉田春(菅田)と、ガリ勉の“冷血女子”水谷雫(土屋)が、互いに惹かれ合っていくなかで、初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係など、たくさんの“初めて”を経験していく。“初めてだらけ”の不器用な恋を描く。

 「風の色」「曇天に笑う」が公開待機中の古川が春の兄・優山に扮し、「亜人」「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」など話題作への出演が続く山田が、春の幼なじみで、後に恋のライバルになる山口賢二(通称ヤマケン)を演じる。古川は、「原作を読んだときに感じた、優山特有の雰囲気を出せればと思って役作りをして撮影に挑みました」と述懐。一方の山田は、「本当に魅力的なキャラクターであるヤマケンを演じるプレッシャーは、それは凄かったんですが、映画のヤマケンもいいぞと言ってもらえるように演じたつもりです」と明かしている。

 さらに「一礼して、キス」で映画初主演を果たした池田が男嫌いの美少女・夏目あさ子、「君の膵臓を食べたい」でブレイクした浜辺が春に惹かれていく隣のクラスの学級委員長・大島千づるを担当。池田は、「同世代が多かったこともあって、現場の空気感が本当に良くて、楽しい撮影の毎日でした」と話し、浜辺は「以前から原作を読んでいたので、現場でその世界観や実際に動いているキャラクターたちにいつもワクワクしていました」と振り返っている。また、佐野は春と雫のクラスメイト・佐々原宗平、速水は春の従兄・三沢満善を演じる。

 特報映像は、春と雫が急接近していく様子を映し出す。劇中で無邪気な笑顔を見せている菅田は、「土屋さん演じる雫を、春というキャラクターがどれだけ笑顔にできるか、笑わせられるかを意識しました。土屋さんはまっすぐで素敵な方で、素直な部分がすごく雫と合っていました」と告白。土屋は、「何よりも印象的だったのは、菅田さんの春が、あまりにも春だったこと。その野性溢れる優しい背中を追いながら、雫として生きた日々でした」とコメントを寄せている。

 「となりの怪物くん」は、2018年4月27日から全国公開。

最終更新:11/15(水) 12:00
映画.com