ここから本文です

来季から導入される「リクエスト」制度の有効性と課題

11/15(水) 11:01配信

東スポWeb

 プロ野球で来季から判定に異議がある際に監督が映像による検証を要求できる「リクエスト」制度が導入されることが13日、東京都内で開かれた12球団による実行委員会で決まった。来季のオープン戦では12球団の本拠地球場でだけ、公式戦では全試合で実施される。これまでは審判員が判断した場合のみリプレー検証が行われていたが、米大リーグで実施されている「チャレンジ」と同様にベンチから求めることができるようになる。

「リクエスト」は本塁打かどうかの判断や全ての塁でのアウト、セーフの判定に対して使える。米大リーグと同様、投球のストライク判定、ボーク(反則投球)などには行使できない。求める場合、監督はモニターを意味する四角を手でかたどる。ベンチ内のコーチ、スタッフまたは外部の者が何らかの方法でリプレー映像を確認して監督に行使を求める行為は認めず、発覚した場合は監督が退場処分となる。権利を行使できるのは9回までに2度、延長戦では1度で、判定が覆った場合、回数は減らない。審判員は控室でテレビ中継映像を確認し、5分以内に結論を出す。検証中は球場の大型ビジョンで同じリプレー映像を流すことができる。

 ただ、課題や問題もある。友寄審判長は正しい判定に重きを置いたとして「一番大事なのはファンのため」と話したが、判定が覆るケースが増えれば審判の威厳、権威が損なわれかねない。

 試合時間にも影響しそうだ。各球団からは「監督の抗議がなくなるわけだから試合時間はそんなに延びないと思う」と楽観論も出たが、選手やファンの手前、微妙な判定に対して監督が“ダメもと”で要求する可能性もある。検討委員会メンバーの杵渕セ・リーグ統括が「使わなければ損という考えにはならないでほしいと(監督と)話し合いをする」としたのも、乱発を避けたい意向があるからだろう。

 米大リーグと違って検証映像を民間の中継映像に頼るなど、公平性の観点からも何かと物議を醸すことになるかもしれない。

最終更新:11/15(水) 12:32
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 21:00