ここから本文です

稲葉J「勝てば正解」、継投が要 あすからアジアプロ野球チャンピオンシップ

11/15(水) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 野球の日本代表「侍ジャパン」が、2020年東京五輪へ向けてスタートを切る。稲葉篤紀新監督(45)のもと、16日から「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」(東京ドーム・19日まで)に出場する。若手中心のメンバーだが、公式戦の初陣を控えた新監督が思いを語った。
 冒頭、こう切り出した。「日本は強い、というところを示したい。まず勝つ。そして、その先の東京五輪で金メダルを取ることしか頭にない」と言い切った。
 目指す野球は明確だ。「現役時代から投手中心の守り勝つ野球をやってきた。指導者になったらそういう野球をやりたいと思っていた」。……本文:891文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:11/15(水) 11:30
朝日新聞デジタル