ここから本文です

オリラジ中田 日馬富士暴行問題で「お笑い界でもちょくちょく聞く」

11/15(水) 11:40配信

スポニチアネックス

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(35)が15日、TBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。日馬富士の貴ノ岩への暴行問題で「お笑い界でもちょくちょく聞く」と話した。

【写真】日馬富士から暴行を受けた貴ノ岩

 番組では、横綱・日馬富士の貴ノ岩への暴行問題を冒頭から特集。「TOKIO」の国分太一(43)は「なんていうか本当に残念なニュースが入ってきました。先場所、3横綱が休場の中、何とか相撲界を盛り上げようと、ケガがある中でも優勝した。この場所はは感動しましたよね。そんな中、こういった問題が…」と切り出し、女優の真矢ミキ(53)も「優しいイメージなのでショックを受けられている方も多いと思う」と残念がった。

 番組には、相撲キャスターの銅谷志朗氏(63)がゲスト出演。日馬富士について「普段はやさしい。(悪い噂は)あまり聞かないです。ショックでしたね、ほんとかねと思った」としつつ、「それがなぜ場所中に出てくるんだと。これが一番問題。相撲協会は困っている。だけど、一番がっかりしているのは相撲ファン。(これまでの不祥事で)勉強してなかったのかなと思ってしまう」とあきれ顔を見せた。日馬富士には「ファンに対する謝罪がなかった。まずファンに謝るべき。協会内部にではなく、ファンに。どうして場所に出たのか。場所が始まってこんな報道が出てきたら、みんなそっちに行ってしまう。相撲をないがしろにしている。自ら、辞めるぐらいの覚悟で臨んでほしい」と厳しい言葉をぶつけた。

 ただ、銅谷氏は「29日にわざわざ被害届を出しに行っている。その前に理事長にはなぜ報告しなかったのかなと」と貴乃花親方の行動にも疑問を投げかけた。これに対し、「先輩後輩の礼儀に端を発する暴力問題って、お笑い界でもちょくちょく聞くんです」と切り出した中田。「成功している先輩に、暴力行為を含めて教育的指導の一部だと考えている人がいると、表ざたにならなくても大変なことになるんです。そういううっぷんがたまっていて、巡業部長(貴乃花親方)は上を通さずに、表ざたにしようと(被害届提出に)思い切ったのかなと僕は思っちゃった」と私見を述べた。