ここから本文です

松岡修造氏 プルシェンコ氏の羽生への思いに脱帽「皇帝と違って46位じゃ…」

11/15(水) 15:14配信

スポニチアネックス

 元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏(50)とフィギュアスケート男子の06年トリノ五輪金メダリスト・エフゲニー・プルシェンコ氏(35)が15日、都内で行われた「平昌2018冬季オリンピックP&G ママの公式スポンサーキャンペーン新CM発表会」に出席した。

【写真】エフゲニー・プルシェンコ氏

 イベントは欠席したが、同CMには日本代表アンバサダー羽生結弦(22)が出演。右足首を負傷した羽生について聞かれた修造氏は「羽生さんを取材させてもらって思ったことは、彼は確実にマイナスにとらえることをプラスに変える人。より強くなると思ってます」とエールを送った。

 また羽生の憧れ・プルシェンコ氏も「私のことを憧れと思ってくれてうれしく思っています。今は彼から学ぶことが多い」と話し、「ケガはもちろん困ったこと。でも自分の中にしっかりとした軸があれば回復できる。彼は必ず回復してオリンピックですばらしい滑りを見せてくれるでしょう」と期待を寄せた。そして「4歳から積み重ねてきたものを出せばいい。成功をお祈りします。すべては君の手の中に」とメッセージを送った。

 これを聞いた修造氏は「一番うれしいのは羽生さんだと思う。これだけ羽生さんへ思いがあることに感銘を受けた」と感激。そしてプルシェンコ氏の熱い思いを前に「皇帝と違って(シングルスランキング)46位じゃ何とも言えない」と苦笑いしていた。

 イベントにはほかにレスリング女子の吉田沙保里(35)も登壇した。