ここから本文です

【MLB】最優秀監督賞に元ヤクルトのT.ロブロ監督らが選出

11/15(水) 14:30配信

ISM

 現地14日、今季の最優秀監督賞が発表され、ナ・リーグからアリゾナ・ダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督、ア・リーグからミネソタ・ツインズのポール・モリター監督が選出された。

 現役時代はメジャー8年間で通算303試合に出場したのみに終わったロブロ監督。2000年に在籍した日本プロ野球のヤクルトスワローズでも29試合で打率1割台と振るわなかったが、引退後は指導者として手腕を発揮した。

 今季からダイヤモンドバックスでメジャー監督してのキャリアをスタートさせると、昨季は69勝93敗でナ・リーグ西地区4位だったチームを、93勝69敗の好成績でプレーオフへ導いた。ロブロ監督は「我々は1年分、より良いチームになっているだろう」と述べ、来季はさらに団結しているはずだと自信を口にしていた。

 モリター監督は、現役時代に通算3,319安打を放って2004年に殿堂入り。1989年にボルティモア・オリオールズを率いたフランク・ロビンソン氏に次いで、最優秀監督賞を獲得した史上2人目の殿堂入り選手となった。昨季は59勝103敗だったツインズを、今季は85勝77敗まで引き上げ、2010年以来となるプレーオフ進出を果たしている。(STATS-AP)

最終更新:11/15(水) 14:30
ISM