ここから本文です

阪神大和の「1人ゲッツー」練習から伝わるモノ

11/15(水) 10:00配信

日刊スポーツ

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

 シンプルながら驚かされた練習法がある。それは阪神大和の「1人ゲッツー」の練習だ。左翼線フェンス付近の壁にボールを投げ、跳ね返ってきたボールを三塁側ファウルフェンスの方に投げつける。その繰り返しで「1人ゲッツー」の練習ができるのだ。「いつから始めたかは覚えてないけど、小さい頃からやっています。ボールと壁があればどこでも練習できるからね」。

【一覧】FA選手の年俸ランクと動向

 この練習を目撃したのは8月に右脇腹を痛めて、鳴尾浜でリハビリをしていたころ。できる範囲で懸命に練習する姿勢に心打たれた。

 大和は8日に「タイガースも含めて、自分を一番必要としてくれる球団で来季プレーしたい」と国内FA権行使の手続きを行った。野球と向き合う姿勢が若手の手本となっているだけに、流出となればチームとして手痛い。【阪神担当=真柴健】

最終更新:11/15(水) 10:06
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/25(土) 11:10