ここから本文です

G大阪遠藤退団も 長崎、福岡、京都が獲得調査

11/15(水) 4:56配信

日刊スポーツ

 ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁(37)が、今季限りで退団する可能性があることが14日、分かった。契約は18年まで残っているが、出身地九州のクラブで来季のJ1昇格が決定したV・ファーレン長崎とJ2アビスパ福岡、99年から2年間在籍したJ2京都サンガFCが違約金の支払いも含めて獲得調査に乗り出している。

【写真】サヤエンドウに扮した遠藤保仁

 遠藤は01年に京都から加入。入団以降はG大阪が獲得した全9タイトルで中心選手として貢献した。05年に初タイトルとなるJ1制覇、08年にはACL優勝に導き、MVPも獲得した。12年にJ2降格が決定した際は即残留を表明し、1年での昇格に尽力。14年度には国内3冠を達成し年間MVPに輝き、15年度も天皇杯連覇といずれも主将としてけん引した。背番号7を背負い、日本代表では国際Aマッチ歴代最多152試合に出場。W杯に3大会連続で出場したクラブの顔だ。

 ◆遠藤保仁(えんどう・やすひと)1980年(昭55)1月28日、鹿児島・桜島町(現鹿児島市)生まれ。鹿児島実高から98年横浜F入団。京都を経て01年G大阪移籍。J1通算565試合101得点。日本代表では02年11月20日アルゼンチン戦に初出場。W杯は06年から3大会連続メンバー入り。国際Aマッチ歴代最多出場の152試合15得点。178センチ、75キロ。推定年俸1億5000万円。

最終更新:11/15(水) 12:54
日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合