ここから本文です

楽天からホークス移籍の西田が入団会見「ルーキーのような気持ちで」

11/15(水) 10:54配信

Full-Count

今宮、石川らと同学年「今宮選手に教えてもらうスタートに」

 15日、斐紹とのトレードでソフトバンクに移籍した西田哲朗が、秋季キャンプが行われている宮崎で入団会見を行った。背番号は「22」。

各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約、補強選手一覧

 西田は、2009年のドラフト会議で2位指名を受けて関西大学第一高校から楽天に入団。2014年には131試合に出場して打率.250、7本塁打を記録したが、レギュラーの座をつかむことができず、今シーズンの出場は22試合。パンチ力のある打撃を武器に、新天地での活躍を目指す。

 三笠杉彦球団本部長とともに会見に臨んだ西田は、トレードによる突然の移籍を「ソフトバンクという強いチームでやれると聞いてうれしかったし、いい巡り合わせだと思った。ルーキーのような這い上がる気持ちで精一杯頑張りたい」と前向きに捉える。「ソフトバンクは投手も打撃陣もスター選手が多い。その中で吸収して自分の力に変えていきたい」と決意を示した。

「ホームランもあるし、まずは打撃でアピールしていきたい」と語る西田は、今宮健太、石川柊太らと同学年。「今宮選手に教えてもらうスタートになるが、レギュラーの座をつかめるように」と語った。

 本多雄一、明石健志、高田知季ら左打ちの内野手が多い中、右打ちで長打も狙える内野手・西田の加入はチームにとってもプラスとなるはずだ。秋季キャンプは1クールを残すのみとなったが、まずは同学年の助けを借りながら1日も早くチームに溶け込みたい。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:11/15(水) 11:21
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 21:00