ここから本文です

9月末時点の「サ高住」登録棟数は6,786棟、サービス付き高齢者向け住宅協会

11/15(水) 10:15配信

SUUMOジャーナル

(一財)サービス付き高齢者向け住宅協会は、このたび、2017年9月末時点における「サービス付き高齢者向け住宅」の登録動向を発表した。
それによると、2017年9月末日現在の登録棟数は6,786棟。9月単独では45棟が登録された。都道府県別登録棟数では、大阪(605棟)が600棟を超えて登録棟数が最も多い。次に、北海道(440棟)、更に、埼玉(349棟)、東京(326棟)、兵庫(323棟)、神奈川(295棟)と続く。登録棟数が最も少ないのは、佐賀県(22棟)。登録棟数・住戸数ともにトップ6都道府県は「大阪、北海道、埼玉、東京、兵庫、神奈川」だった。

登録事業者(サイト公開中)は、株式会社が半数を占める(60.1%:4,075棟/全登録棟数6,786棟)。医療法人(13.4%:911)、有限会社(10.7%:729)がそれに続く。以上の3法人形態の登録棟数で全体の84%を超す構成。

また、2017年9月末日現在の登録住戸数は222,085戸。9月単独では1,509戸が登録された。都道府県別では、大阪(23,632戸)、北海道(17,733戸)、東京(12,937戸)、埼玉(12,373戸)、兵庫(11,754戸)、神奈川(11,340戸)、千葉(9,702戸)、愛知(8,787戸)で、これら8都道府県の住戸数の合計は登録住戸数全体の49%を占める。

居室床面積別家賃については、18m2以上20m2未満の居室床面積区分で、家賃1万円~26万円の幅で設定。最も多いのは5万円(20.2%:24,971戸/127,690戸)。20m2以上22m2未満では、1.5万円~27万円。最も多いのは5万円(12.2%:3,906戸/29,232戸)。22m2以上25m2未満では、1.5万円~35万。6万円(10.3%:1,362戸/13,322戸)、3万円(10.7%:1,407戸)が多い。

ニュース情報元:(一財)サービス付き高齢者向け住宅協会

ニュースSUUMO

最終更新:11/15(水) 10:15
SUUMOジャーナル