ここから本文です

ドログバが2018年限りで現役引退へ…チェルシーのレジェンドも「もう39歳だ」

11/15(水) 14:27配信

ゲキサカ

 チェルシーのレジェンドである元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、2018年限りでの現役引退を表明した。英『ミラー』が報じている。

 39歳となったドログバは、これまでマルセイユやチェルシー、ガラタサライといった名門クラブを渡り歩いてきた。特にチェルシーでは4度のプレミアリーグ優勝、2011-12シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ制覇を果たすなど一時代を築き、レジェンドとしての地位を確立。スタッフとしての復帰も期待されている。今年4月からは、アメリカ2部のフェニックス・ライジングでプレーしている。

 ドログバは『RMCスポーツ』で「スクープが欲しいかい?」と話した上で、「来年が俺の最後のシーズンになるだろうね。どこかのタイミングで辞めなければならないんだ。他のプロジェクトに時間を使う必要もある。プレーすることは素晴らしいが、もう39歳だ。少しばかり身体に堪える」と2018年限りでスパイクを脱ぐと明言した。

最終更新:11/15(水) 14:30
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合