ここから本文です

来月初公開の「マツダ6」、2500ccの直噴ガソリンターボを搭載

2017/11/17(金) 9:25配信

ニュースイッチ

強い走りと燃費性能を両立

 マツダは、12月1日から開催されるロサンゼルス自動車ショーで乗用車の旗艦モデル「マツダ6(日本名マツダアテンザ)」の新型を世界初公開する。パワートレーンは、ガソリンエンジン「スカイアクティブG2・5」に気筒休止技術などを採用することで、優れた燃費性能と運転の心地よさを両立。また排気量2500ccの直噴ガソリンターボエンジンを新たに設定し、力強い走りを実現した。

 2012年の全面改良以来、今回が3度目の改良となる。先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を拡充。前方車両の全車速に追従できる機能に加え、車両の周囲状況を表示する機能も採用するなど安全性能を高めた。

最終更新:2017/11/17(金) 9:37
ニュースイッチ