ここから本文です

ラッパー、リル・ピープが若干21歳で逝去。ディプロ、サム・スミス、マシュメロら追悼コメント

11/17(金) 10:50配信

rockinon.com

NY出身のラッパーで、「ヒップホップ界のカート・コバーン」とも称されていたリル・ピープが亡くなった。複数の海外メディアの報道によると、ピープの死因は薬物の過剰摂取によるオーバードーズとみられている。21歳だった。

全身タトゥーで覆われたビジュアルや、過激な歌詞、ローファイやエモといったロック・サウンドを取り入れたヒップホップ・サウンドで「エモ・ラッパー」、「ヒップホック界のカート・コバーン」と呼ばれたピープは、SoundCloudにアップしたミックステープやオリジナル曲で話題を呼び、今年8月にデビュー・アルバム『Come Over When You’re Sober, Pt. 1』をリリースしたばかりだった。

逝去の報を受け、マネージャーのChase Ortegaが「この1年、ずっと予想していた電話がついに掛かってきた。なんてこった」とツイートしていた他、つい先週リル・ピープと「コラボの話をしていた」というマシュメロや、ディプロ、サム・スミス、ポスト・マローンも追悼のコメントをSNSに投稿している。

マシュメロ:「本当に信じられない。僕らは先週、コラボの話をしていたばかりだ。そしたら逝ってしまうなんて。寂しくなるよ。安らかに」

「ピープは最高にいい奴だった。一緒に出かけて、音楽の話をして、一緒にやる予定だった曲のアイディアを交換して、ツアーも最高だった。みんなが君のことを恋しく思うよ」

ディプロ:「ピープにはやり残したことがまだたくさんある。彼にはいつもインスピレーションを与えてもらってた。こんなのってないよ」

ポスト・マローン:「知り合ったのは最近だったけど、最高の友だちだったしいい奴だった。お前の音楽は世界を変えたよ。これからもその功績は残り続ける。ブラザー、愛してるぜ」

サム・スミス:「リル・ピープのニュースを見た。絶望的なほど悲しいよ」

「Billboard」などが報じたところによると、リル・ピープの死因はザナックス(抗不安薬・筋弛緩薬)の過剰摂取によると見られているようだ。

アリゾナ州のツーソンのあるナイトクラブ、The Rockでライブを予定していたピープは、出演前にツアー・バスの中で亡くなっているところを発見されたのだという。

なおピープは死の直前、自身の写真とともに以下のようなコメントをInstagramに投稿している。

「僕が死んだら君は僕を愛することになるだろう」

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:11/17(金) 10:50
rockinon.com