ここから本文です

メタリカ、80年代にリリースされた全40曲をランク付け。デビュー作から『メタル・ジャスティス 』まで

2017/11/17(金) 19:00配信

rockinon.com

「SPIN」が、1980年代にメタリカがリリースしてきた40曲のランキングを公開した。

ランキングはデビュー・アルバム『キル・エム・オール』(1983年)から『メタル・ジャスティス 』(1988)までの4枚のアルバム、そして1枚のEPにそれぞれ収録されている曲が対象となっている。なお、ランキングの全ては「SPIN」のウェブサイトで見ることができる。


なお、ランク付けされた40曲のうち、トップ10曲は以下。

1位: “Fade to Black” -『ライド・ザ・ライトニング』(1984)

Metallica - Fade to Black

2位:“Master of Puppets”-『メタル・マスター』(1986)

Metallica - Master Of Puppets

3位: “One” -『メタル・ジャスティス 』(1988)

Metallica - One

4位: “Orion”-『メタル・マスター』(1986)

Metallica - Orion

5位:“For Whom the Bell Tolls” -『ライド・ザ・ライトニング 』(1984)

Metallica - For Whom the Bell Tolls

6位:“Creeping Death” -『ライド・ザ・ライトニング』(1984)

Metallica - Creeping Death

7位:“Seek & Destroy”-『キル・エム・オール』(1983)

Metallica - Seek & Destroy

8位: “…And Justice for All” -『メタル・ジャスティス 』(1988)

Metallica: ...And Justice for All

9位:“To Live Is to Die” -『メタル・ジャスティス 』(1988)

10位:“Battery”-『メタル・マスター』(1986)

Metallica - Battery

ワースト5は以下。

36位:“Disposable Heroes”-『メタル・マスター』(1986)

37位:“Escape” -『ライド・ザ・ライトニング』(1984)

38位:“Leper Messiah”-『メタル・マスター』(1986)

39位:“The Small Hours”-『The $5.98 E.P. - Garage Days Re-Revisited』(1987)

40位:“Jump In the Fire”-『キル・エム・オール』(1983)

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:2017/11/17(金) 19:00
rockinon.com