ここから本文です

玄海町係長、研修バス代水増し請求 不正支出か 佐賀

11/17(金) 11:33配信

佐賀新聞

 東松浦郡玄海町役場の男性係長が、研修のためのバスの借り上げ料を水増しして請求させ、差額を飲食費などに充てていたことが16日、分かった。町は公金の不正支出として事実関係の確認を進めており、近く処分する。

 町によると、係長は2013年度から16年度まで年1回、二十数人が1泊2日の日程で参加する町内団体の研修を業務で担当していた。業者からバスを借りる際に水増しして請求させ、差額を発生させた上で、その都度、研修内での飲食や派遣コンパニオンなどの費用に充てていた。差額は4回の合計で約50万円に上る。

 研修に参加する町民は1人約1万5千円ずつ負担していた。本人は事実を認め、個人的な着服はないと話しているという。

 係長の異動をきっかけに不正が発覚し、今月2日には公益通報制度でも情報が寄せられていた。

最終更新:11/17(金) 11:33
佐賀新聞