ここから本文です

マカオモーターサイクルGPで死亡事故。イギリス人ライダー ダニエル・ハガーティが亡くなる

2017/11/18(土) 19:42配信

オートスポーツweb

 11月17日、第64回マカオグランプリのモーターサイクルグランプリの決勝レースが行われたが、レースの6周目、15番手を走っていたイギリス人ライダーのダニエル・ハガーティ(トップガン・レーシング/ホンダCBR1000RR)がフィッシャーマンズ・ベンドでクラッシュ。病院に搬送されたが、帰らぬ人となった。31歳だった。

 FIA F3ワールドカップやFIA GTワールドカップ、WTCCに続いて開催された第51回マカオ・モーターサイクルグランプリは、ガードレールに囲まれた市街地での戦いということもあり、非常に危険度が高いレース。今回は27台が出走し、18日に決勝が行われていた。

 レースはグレン・アーウィン(タク・チュン・レーシング/ドゥカティ1199RS)、ピーター・ヒックマン(SMT-バサムス・MGMマカオ/BMW S1000RR)がトップ争いを展開していたが、上位が7周目に入ったタイミングで、15番手を走っていたハガーティがフィッシャーマンのアウト側にクラッシュしてしまう。

 衝撃でマシンはバラバラになり、ハガーティのヘルメットやブーツが外れてしまうほどのクラッシュとなり、ハガーティは3分後には救急車に乗せられ病院に搬送されたものの、現地時間の18時35分、主催者から死亡が発表された。レースは即座に赤旗中断となり、結果は5周で成立。表彰式も行われたが、優勝したアーウィン、ヒックマン、マイケル・ラッター(SMT-バサムス・MGMマカオ/BMW S1000RR)も悲痛な表情を浮かべ、記者会見もキャンセルされた。

「マカオグランプリのオーガナイザーは、非常に残念なお知らせをしなければならない。亡くなったダニエルとその家族、友人に心からお悔やみ申し上げる」と主催者は発表した。ハガーティは2011年からマン島TTにも挑戦していた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2017/11/18(土) 19:56
オートスポーツweb